関節痛は温める?冷やす?

「湿布に温かいのと冷たいのあるけど

どっちを使えばいいの?」

 

なんで湿布は温かいの、冷たいのがあるのでしょう?

そこに答えがあるはずです。

 

湿布を使いたいのはどんなとき?

痛みがあったり、症状があるときに貼りますね

冷たくすると血流をゆっくりにします

温めると血流を促進させます。

 

この違いは何だと思いますか?

血流は酸素を運ぶということを以前書きました

血が運ばれて来ることにより

自己治癒力が高まります

 

温湿布やお風呂で温めると血流が促進され

自己治癒力が高まります

このときに痛みを感じることもあります

鼓動と同時にズッキン・ズッキンするアレです。

 

逆に、湿布などで冷やすと

血の量が少なくなり

治す作業は小休止ですが

痛みからは解放されます。

 

個人的な意見で言うと

温めて気持ちがいいならOK

痛すぎるときは冷やしましょう!

 

ただ、くれぐれも痛みや症状を自己判断しないよう

内臓に問題ないか、骨は折れてないか

しっかり診断した上で

医薬品をお使いくださいね。