正座ができない!

あぐらと同じく、ごあいさつや新年会

あらたまった席でも必要とされる座り方ですね。

 

右ひざの違和感での来院

見るからに右のひざがはれている

「動かさないと痛みはない」とのこと

 

正座をお願いしてみると

「だいぶ前から出来なくなってる」

 

正座をしようとすると

「太もものひざ近くが痛く、引っ張られる」

「ひざ下も痛い感じがする」

なので、右ひざを曲げて体重を乗せることが出来ません。

 

まずは、右ひざ下側から施術開始

原因を探していくと

足首・足の裏・足の甲・足の指まで関係してました。

 

右ひざ下側の施術では

動きに変化はありませんでしたが

痛む箇所がハッキリしてきました

 

施術を右ひざの上へと広げていくと

太ももの付け根・股関節・腰骨の周り

広い範囲で関係してるのが分かりました。

 

右ひざをかばったからでしょう

左側の下半身も、お疲れ状態!

 

右ひざの違和感。

でも関係してるのは

右の足先から腰まわりまで

 

ここで考えてもらいたいのは

右ひざの違和感は結果です‼︎

 

原因は

足指が動かなくなった

足首が動かなくなった

股関節が動かなくなった

腰まわりが動かなくなった

それをそのままにしていたから

 

その負担が全て右ひざにきた!

という事

身体からのメッセージを受け取れるようにしていたいですね。