EFTタッピング【太もも】左右で太さが違う!なんで〜?!

長年、左足の痛みや違和感、つったりの症状があったのと、

右の膝まわりにモタ〜とした感じがありました。

左足については、何度か記事にしてありますので、良かったらご覧になってください(^-^)

 

左足の痛みばかりに、意識が向いてる時間が長く、

右足の事は、あまり気にしていませんでした。

それでも、18歳頃、膝を付けない程の痛みがあったり、20代前半には、膝の痛みとモッタリと腫れて、膝の水を抜いた事もあります。

足首の捻挫もありますし、階段を登る時には、痛みはないのですが、パキパキと音が鳴ります。

右足の親指は、外反母趾の時もありました。

今はこちらは、大分解消していますが、完全ではありません。

 

最近、左足の痛みがかなり無くなってきたので、

右足の膝まわりと、太もも・ふくらはぎの違和感が気になっています。

身体を酷使した後は、膝まわりがモタモタして、曲げ伸ばしでイヤな痛みもあったりします。

 

そして、左右差を見てみると、

右足の太ももは、左足より明らかに太いです(^_^;)

膝あたりで、変に曲がる感じがします。

足首には、痛みはありませんが、小指側の横に動かしにくく、正しい動きが出来ていません!

膝も最後までまっすぐ伸ばせていません!

可動域も、狭いです!

 

右足の太さは、これらの動けていない筋肉達があって、

本来とは違う角度や動きで、立ったり、歩いたり、しゃがんだり、座ったり、

仕事や家事や、様々な行動を長年してきてくれたのですよね〜(T ^ T)

身体を支え、バランスを何とか取り続けた結果、

痛みもなくなる程硬くなり、太さの違いとなっているのですね〜(^。^)

 

10代の頃から、痛みがあったわけですから、

そりゃ〜違和感があっても、太さが違っても、当たり前ですよね(^_^;)

やっとやっと、右足が治る時期がやってきました❣️

下半身は、家でいう土台です。

土台が歪んでいたり、柱の太さが違っていたら、建物もグラグラいつも揺れて不安定ですよね!

身体も、いっつもグラグラしてるのを、何とか支えてる…

疲れるわけですよね(^。^)

 

左右とも、同じ動きが出来るように、筋肉を弛め、曲がりや捻れを元に戻している最中です(^-^)

右足の違和感が無くなり、良い状態になる頃には、

太ももの左右差も一緒に無くなっているはずです❣️

 

太ももの太さが、何だか気になる〜という方、

まずは、片足立ちで、左右差がないかな〜とチェックしてみてください☆

動きに左右差があるのであれば、筋肉にも使い方にも、もちろん差があります。

 

一体どこに、曲がりや捻れがあるのか、

どうなれば、痛くない身体になるのか、

それを知る事は、それだけで、ストレスの解放につながりますo(^▽^)o

「気心療院おくさわ」で、身体チェックしてみませんか☆

 

ご自身でセルフケア出来るように、講座も開催しています♪
個人セッションもお受け致します♪
お気軽にお問い合わせくださいませ(^-^)

miyuki

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
身体を楽に♪気整体
心を軽く♪EFT タッピング
『気心療院おくさわ』
TEL:0178-79-4332
HP:http://okusawa.capoo.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー