動作による痛みは放っておいても自然には良くなりませんよ!

痛みがあると正しい動作が出来なくなり、

本来は使わなくてもいい筋肉を使って動きます。

 

本来の使われ方をしていない筋肉は、

馴れない動きですぐに疲れてしまうんです。

 

その為に動作による痛みを伴ったり、

不馴れな動きにより身体に歪みが起こってしまいます。

 

そして、また違う筋肉を使います!

痛む箇所が変わっていく原因でもあります。

 

痛みは放っておいても自然には良くなりません!

悪化して痛む箇所を増やすだけなんです‼︎

「痛み無くなったよ」と言う人は、

本来は動けるはずの可動域が狭くなっているのかも。(^_-)

 

原因箇所を探し出して正しく処置し、

根本的な治癒を目指しましょう‼︎

繰り返す腰痛・ギックリ腰・長年の腰痛、治らないのは違う所を治療しているから‼︎

「屈んだり前傾姿勢になるにも痛い」

「また、仰向け状態から起き上がるときに、ものを掴まないと起き上がれません。」

「特に左側の腰が痛く、原因など改善策を教えてください。」

病院に行ったほうがよいですか?」

「初めて腰痛になった35歳のときから半月ペースで腰が痛くなります。」

「職場がデスクワークなので、腰には悪い職場という影響もあると思います。」

「ベッドも固めのものに変更しました。」

「気を許すとすぐに腰に痛みを覚えます。ぎっくり腰はこれで三度目です。」

 

これは複数人からの腰痛症状や質問なのですが、

いつも書いている通り、

症状は同じでも、原因や要因は同じとは限りません。

 

しかし、原因や要因が無いわけではありません!

 

今現在、腰以外の症状で来られる方も

「以前は腰が痛かった」と、よく聞きます。

 

施術をして分かる時もあります。

腰痛をかばった事で、

今の症状が出ている人もいることを

 

それで何が言いたいかというと、

ご本人の身体を診ないと原因は分かりませんが

それなりの要因は分かります。

 

ただ要因は、痛い部分では無いはずです。

そこだったら、今までで治っているはずですから!^ ^

 

やはり、痛い部分しか見ていないと

原因や要因は見えてきませんよね。

今まで良くならなかったと言って、諦めないで下さい!

 

治療する個所と方法が間違っていただけ、

あなたには、あなたの要因と原因があります。

 

腰痛を解消したいのなら

是非、ご来院ください。

今までとは違う、施術&感覚をお試しください。(^_^)v

あぐらをかくと腰が痛い!

忘年会・新年会と飲み会が続くこの時季

「あぐらで座ると腰が痛くて大変」

「その時はいいけど翌日が腰が痛い」

と言った、お話しが聞こえてきました。

 

最近はイスとかソファーなどに座り

普段、座布団に座らない人も多いので

長時間の座がつらいみたいです。

 

どんな人がつらいかと言うと

あぐらをした時

左右のひざが床につかない人で

それは股関節が硬くて股が開かないから

 

どうしても腰を丸める体勢になり

腰周りを引っ張るので

負担が腰にきて痛みます

 

あぐらだけだと痛みがない人も

この姿勢をやってみて

女座りのようにしますが

右足のウラは左ももにつけます。

この体勢で、上体をしっかり起こし前を向きます。

反対側もやります。

 

きつかったり、痛みがあるようなら

あなたも予備軍ですよ!

 

股関節の硬さは人それぞれですし

原因も人それぞれです

まずはストレッチを心掛けてみましょう。

 

それでもストレッチをすると痛む!

ストレッチをしても全然変わらない!

とういう方は

施術を体験してみてはいかがでしょうか。