腰痛のベルト

「腰痛いから、ふだんからベルトまいてるけど

いつもベルトしててもイイよね?」

腰痛で来院される人はけっこうベルトまいてます

なのでこういう質問よくされるんですが

 

痛いときはしょうがないですよね

仕事だったらなおさら

無理をせずに使った方がいいと思います。

 

それでも、いつもベルトつけてるのはどうなの?

あまりオススメしませんね

と言うのも

ベルトは筋肉の代わりになっていて

ベルトを巻いているあいだは筋肉は楽できるんです

怠けてていいんです。

 

ベルトを巻く位置には腹圧というのがあって

これはお腹の中に風船が入っているようなもの

風船はどこを押しても

風船全体に同じく圧がかかります

 

体で言うと

お腹も、ワキ腹も、腰も同じく圧がかかる

つまり同じく力がはいる

という事です

 

そして、どこか力が入らなくなってくると

この力のバランスがくずれます

これで痛んだり症状が出たりします

 

くずれたバランスを整えてくれるのが

腰ベルトなんです

なので使っていいんですが

何気ない動きにまで使っていると

その動きにまで筋肉は反応しなくなっていきますよ

 

まずは自身の腹圧を正常にしましょう

 

 

 

 

腰痛の原因⁉︎

腰が痛いと言うと、まわりから「筋肉鍛えろ」とか

「腹筋を鍛えろ」と言われるけど正しいの?

 

ふだんの動きは筋肉を使いますよね

例えば、おじぎをする時はどこの筋肉を使うでしょうか?

下半身は別に考えると、背中と腰あたりですかね

背中と腰を使うと反対側、対になる箇所も使います

これがお腹、腹筋なんです

 

筋トレで腹筋と言うと、寝てやるアレですよね

腹筋を立ってやると、おじぎのカタチになるんです

このさい重力とかは無視してくださいね

意識してなくてもおじぎは腹筋を使っています

 

ここで考えてもらいたいのが

背中・腰とお腹との関係なんです

この関係はパワーバランスが必要、合計が10なら

7対3とか5対5または2対8

お腹がどんなに頑張っても5の力しか出せなかったとしたら?

パワーバランスはくずれ、背中と腰に負担をかけるんです

そして疲れ果てた背中と腰はおじぎをするたび悲鳴!

 

じゃやっぱり腹筋鍛えなきゃ思いますか

疲れてるから休ませてあげようと考えますか

休めましょう、早めに治療しましょう

誰もがみんな、この原因な訳じゃありません

症状と原因は人それぞれですから

 

腰の話しでしたが違う箇所・筋肉も同じです

かならず対になって動いています

それを知ってから対処しましょう。

腰痛は筋トレで解消⁈

「腰痛いのは筋肉が弱いのだから筋トレした方がいい?」

「整骨院で筋トレしなさいと言われた」

「スポーツジムに通った方がいいかな?」

「筋肉がなくなったからかなぁ」

はっきり言って筋トレの必要はまったくありません!

自論になりますので、こんな考えもあるんだ位でお読みください。

 

腰痛は腰まわりの筋肉がうまく働いていない

腰の筋肉・お腹の筋肉・お尻の筋肉・ももの筋肉など

疲れたら代わりに誰か(他の筋肉)に働いてもらいます

なれてない仕事だからつかれますよね、休みたい!

つかれているのに筋トレはないでしょ〜

 

でも「全然、力使ってないよ」とみなさん言いますよね

みなさんは、ふだん立っていて急に倒れることはないですよね

バランスを取ってるから大丈夫なはず

でも、凍った道や高いつり橋を歩く時はどうでしょう

体のどこかにキュ〜って力はいりません?

この力がいつも入っている状態だったら、つかれますよね

 

それが、どういう人か一言で言うと(やはりバランスを崩してる人)

何でバランスを崩すのでしょう?

これは人それぞれですので、施術してみないと分かりません。

ねんざだったり転んだことが原因だったり

ほんと人それぞれなんです

ですから、みんなまとめて筋トレと言うのは間違いだと思います。

 

疲れきった筋肉たちを優しく癒して

本来仕事するべき筋肉を動けるようにする、そこからでしょう!

休んだだけで回復するのは、代わりに仕事してる筋肉だけ

根本的な治療をオススメします