痛みについて①

痛いのは悪いことばかりでは無いはず!

こう書くと、何で?

痛いのは悪いって事でしょ。

と、なりますよね

 

痛いのは「どうにかして」と身体からのサイン

だから対処する、間違ってないでしょ〜

はい、間違っていません。

 

治療院や病院で診察してもらい

痛い原因がハッキリしている場合は良いと思いますが

自分が痛いのはこの理由と決めつけている人がよくいる

そこが間違っていて、とても多いんです

そして市販の薬や独自の情報で対処してしまい

改善どころか症状が悪化したりしています

 

痛みはサイン以外にも治している最中にもおこります。

 

以前にも書きましたが、血液は酸素を全身に運びます

酸素を取り入れ細胞を活性化させます

ここでも痛みが強く出たりします

整体院での施術後に痛かったり、だるかったり

全てとは言いませんが、好転反応と受け取って下さい。

 

他にも、身体の中から菌を出そうと、咳がでる

ウイルスと戦うために、体温が上がる

戦いの場は関節、関節が痛くなる

ウイルスの死骸を身体の外に出す、鼻水などの症状が有りますよ

 

痛みがあるからと症状を抑えるだけでは無く、原因を知りましょう

《自分自身をケア出来るのは、原因を知っているからこそ》ですよ!

 

 

首の痛みの原因が足⁈

当院では初診の患者様には

簡単な動作確認と前後左右からの写真を撮ります

これは施術後に患者様自身で

施術前と施術後の違いを知って貰いたいからです

 

首の痛みを訴えていらっしゃった方のお話ですが

動作確認で立って首を倒すと痛い

でも、座って同じ動きをしても痛くない

『なんでだろう?不思議』との事

『下半身からの影響が強いからですよ』と言うと

えっ! ほんとに!首の痛みが?

大変驚いてらっしゃいました。

実は結構多いんですと話しましたら

やっぱり体って全身つながってるんですね〜と感心しきり( ^_^)/~~~

 

そこで皆さんも簡単な見分け方をやってみて下さい。

先ずは、立った姿勢で

首を前後左右に倒してみます、横に振り向いてみます

痛み動きにくさを確認しましょう

ここでの注意点はゆっくりと動かし、しっかり止めること

 

次は座りますが

足が床に付いてはダメなんです。

座っても足がブラブラする様なテーブルとかに座り

立ってやった同じ動きをします

どうでしょう?痛みや動きの違いありましたか?

違いが無い場合は上半身

違いが有る場合は下半身からの影響ありです

ここでの注意点は動きは自分では分かりにくいので、

人から見て貰った方がいいです。

 

参考になったでしょうか

痛い痛いとそこばかりに目が行き、そこだけ手当をする

何度も繰り返す原因はここにもあるんですね〜。