痛みについて②

「痛くないから大丈夫。」

施術中とても筋肉が硬かったので押して聞いてみた

もう少し強く押してみても同じ答え

痛いはずだけど痛くない人、意外と多いんです

ここでも痛みがある方が良いというお話しです。

 

お祖母さんが孫に

「肩がこっているからトントンしておくれ」肩たたきを頼み

痛気持ちよく感じていましたが、時が経つと

「もっと強くトントンしておくれ」

弱い力だと気持ち良く感じなくなってきました

それから先は

「叩いてる?全然効かない!」と、なります

 

冒頭の施術がそんな感じでした。

実は筋肉は叩いたり、揉んだりすると反発して硬くなります

より深い部分がそうなりますから

お風呂や軽いマッサージでは、表面だけのケアになります

筋肉の浅い部分だけがゆるんでいる状態です

 

施術やストレッチ等で深い筋肉に刺激を与えると

筋肉自体が動き出し、痛みを伴ったりしながらゆるみます。

痛みが出ているのは動かしている証拠

硬いのに痛くないのが問題という事です、もう動かしていない!

 

四十肩・五十肩を経験した事がある方は分かると思いますが

最初は痛くて痛くて動かせない

徐々に、痛いけど動かせるが可動範囲は狭い

この時の動きは、本来使うべき筋肉ではなく他の筋肉に助けてもらっているんです

そして痛みがなくなった時は腕が上がらない状態

筋肉が休眠状態です、眠りから覚ましましょう

そして、助けて頂いている筋肉を休ませてあげましょう。

 

痛みについて①

痛いのは悪いことばかりでは無いはず!

こう書くと、何で?

痛いのは悪いって事でしょ。

と、なりますよね

 

痛いのは「どうにかして」と身体からのサイン

だから対処する、間違ってないでしょ〜

はい、間違っていません。

 

治療院や病院で診察してもらい

痛い原因がハッキリしている場合は良いと思いますが

自分が痛いのはこの理由と決めつけている人がよくいる

そこが間違っていて、とても多いんです

そして市販の薬や独自の情報で対処してしまい

改善どころか症状が悪化したりしています

 

痛みはサイン以外にも治している最中にもおこります。

 

以前にも書きましたが、血液は酸素を全身に運びます

酸素を取り入れ細胞を活性化させます

ここでも痛みが強く出たりします

整体院での施術後に痛かったり、だるかったり

全てとは言いませんが、好転反応と受け取って下さい。

 

他にも、身体の中から菌を出そうと、咳がでる

ウイルスと戦うために、体温が上がる

戦いの場は関節、関節が痛くなる

ウイルスの死骸を身体の外に出す、鼻水などの症状が有りますよ

 

痛みがあるからと症状を抑えるだけでは無く、原因を知りましょう

《自分自身をケア出来るのは、原因を知っているからこそ》ですよ!