TEL0178-79-4332
営業時間AM9:00〜PM20:00
要予約 (当日受付18:00)



あなた以外の人がストレスと感じないことでも、あなたはストレスと感じてしまう。
それは、あなたの脳がストレスホルモンを出してしまうから
そんなあなたにEFTはとても効果のあるツールです。

EFTとは?


EFTは、Emotional Freedom Technique

(エモーショナル・フリーダム・テクニック)の事で、

体のエネルギー(日本や中国でいう「気」)を整える事ことによって、

感情的な苦痛やストレス

又それに伴う身体的症状を解消するテクニックです。


現在、EFTは、従来のセラピーに比べ、

迅速で、安全に効果を生み出せるという事から、

心理療法の世界でも注目されています。

基本的な方法は、解消したい感情的、精神的な

問題を言葉に出しながら、主に顔や胸周辺のツボを指で軽く叩くだけです。


又、EFTの大きな特徴は、誰でも身につけられ、自分自身で出来る事です。

但し、深刻な問題を抱えている場合には、

常識から判断して、プロに援助してもらう事が大切です。


EFTは、ロジャー・キャラハン博士(TFT創始者)の、

「感情的な苦痛は、心身のエネルギーシステムの混乱によって生じる」という

発見に基づいて、アメリカ人のエンジニアである

ゲアリー・クレイグによって開発されました。

現在まで以下のような問題に対して効果を挙げています。





*依存的欲求の解消(煙草、薬、アルコール、特定の食べ物等)

*各種のアレルギー

*怒り

*不安やパニック発作

*呼吸困難

*おねしょなど、子供の問題

*強迫的衝動、強迫観念

*鬱、悲しみ

*何かを失ったための悲嘆

*罪悪感

*爪を噛むなどの癖

*不眠

*ネガティブな思い出

*悪夢

*各種肉体の痛み

*外傷後ストレス障害(PTSD)のストレス

*優柔不断(先延ばしの癖)

*性的虐待の問題

*薬による副作用

*各種ストレス

(及び上記に関係のある体の痛みや不快感)


又、以下の事を高めるためにも効果を挙げています。

*集中力

*自信

*感情のコントロール

*病気の治癒や回復

*仕事、学校、趣味などでのパフォーマンス

*人間関係

*リラクセーション

*自分に対するイメージ、自己認識




EFTはどんな事に使えますか?

適切に用いる事が出来るならば、あらゆる心身の不快感に対して使えます。

これはEFTが万能のセラピーだという事を言っているのではありません。

EFTの運用法に熟達していくと、私達でも驚くような広範囲な分野に用いる事が可能であるという例を見てきています。 



EFTには副作用がありますか?

現在の所、副作用と言えるほどの報告はありません。

タッピングする順序や位置がずれていても、何も変化が起きないというだけです。

フレーズが的外れでも同様です。あえて言うなら、マレに喉の渇き、眠気、

吐き気を感じる方がいらっしゃるようです。

これらの症状の場合、水分を取り、しばらくの間(10分〜1時間ほど)

休むことで軽減します。


ただ、念頭に入れておいて頂きたい事があります。

思い出すだけで、身体に強い変化が生じるような場合(トラウマ、PTSDなど)、

ティアレス・トラウマ・テクニックなどで慎重にプロセスを進めていく事が

必要な場合があるという事です。


自分では深刻な問題だとは思わず、EFTのプロセスを進めていった結果、

強い感情が湧き上がる場合もあります。


これは、EFTを行なったため悪化したように思われがちですが、それは、

その問題によって覆い隠されていた問題(あるいはアスペクト)が、

浮上してきた事による現象ですから、EFTでは、完全に問題を解消するための

絶好の機会であると捉えます。


又、自分の心身にとって大きな問題を扱ったセッションの後に、

強い眠気やだるさを感じる場合がよくありますので、

車の運転や集中力を要する機械の操作などは危が伴いますので

避けた方がよろしいでしょう。


TFT(思考場療法)とは違うのですか?

「EFTって何?」のページで、少し触れましたが、

EFTはTFTを学んだ(ヴォイス・テクノロジーという最高レベルまで)

ゲアリー・クレイグによって開発されたものですから、

使用されるポイントは非常に似ています。

EFTの異なる点は、どんな問題に対しても、同じポイントを同じ順序で

タッピングするという事、

問題についてフレーズを言いながら行なう事です。


又、診断などが必要なく、お子さんからお年寄りまで、一般の方が学び使用することの

できるようにシンプル化されています。

EFT-Japan公式ホームページより




現状や検査により各々適した施術を行いますので
症状の軽い重いに関わらずご来院頂けます。